介護保険による住宅改修


介護保険の利用限度額 20万円(その内1割の金額を自己負担)一度に20万円まで利用しない場合は20万円になるまで、

何回かに分けて使用できます。ただし、要介護度が3段階以上高くなった場合または転居した場合は再度利用できます。

*要支援1〜要介護5まで利用限度額は同一の20万円になります

自宅での自立や介護をしやすい生活環境を整えるために介護保険を使用して

バリアフリーリフォーム/住宅改修をすることができます。

但し次の場合に限られます

1.手すりの取り付け

安全で楽な移動・浴室やトイレでの安全で楽な立ち座りが可能になります。
            
2.段差の解消

車椅子での安全で楽な移動が可能になり・つまづき防止にもなります。

3.滑り防止の床または通路面の材料の変更

車椅子での安全で楽な移動・安定した歩行が可能になります。

4.引き戸などへの扉の取り替え

お部屋・浴室・トイレへの楽な出入りが可能になります

5.洋式便器への便器の取り替え

トイレ内での楽な立ち座り・楽な姿勢での排泄が可能になります。

6.その他1.から5.のバリアフリーリフォーム/住宅改修に付帯して必要となる工事

バリアフリーイラスト

バリアフリーイラスト

住宅改修サービスの流れ

介護保険が適用される改修 

(1)手すりの取り付け

・廊下、トイレ、浴室、玄関から道路までの通路などに、
移動または移乗動作の助けとなるものを設置する工事。

(2)段差の解消

・敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げなどの工事。

(3)滑りの防止、および移動の円滑化などのための床などの材料の変更

・室内においての畳敷きから板製床材、ビニル系床材などへの変更。浴室においては床材のすべりにくいものへの変更など。

(4)引き戸などへの扉の取り替え

・開き戸を、引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンなどに取り替え、そのほかドアノブの変更、戸車の設置なども含まれる。

(5)洋式便器などへの便器の取り替え

・和式便器を洋式便器(暖房便座・洗浄機能付き)に取り替える工事。

(6)その他これらの工事に付帯して必要な工事

・手すりの取り付けのための壁の下地補強など。